2021年11月27日手打ちそば教室「ふくこむぎ」

今回の手打そば教室のテーマは「ふくこむぎ」

つなぎに福井県生まれの福井県産100%の
「ふくこむぎ」を利用してそば打ちしていただきます。

試食は1:9、2:8、3:7、4:6の
「ふくこむぎ:福井県産新そば」の配合で
インストラクターが打った手打ちそばを楽しんでください。
配合違いでの触感、食味のちがい、ふくこむぎの風味もお楽しみください。



開催場所:福井市成和2丁目308 共同製麺2階成和道場タイムスケジュール:
15:30 そば打ち
16:30 試食
17:30 終了予定
参加費:1500円(250g)
500g 2000円
700g 2200円
1000g 2500円



持参物:エプロン、三角巾、持ち帰り用入れ物、室内用靴
注意点:つめを短く、綺麗に、マスク着用試食のみ:1000円/人


参加ご希望の方はお問い合わせフォームからお願いします。

色んな出汁で楽しみました

2021年10月16日(土)福井市共同製麺にて手打ちそば教室を開催しました。

今回の試みは
*そばを手打ちする
*蕎麦の実を利用したお菓子の試食
*出汁取り研修と試食

手打ち蕎麦教室

今回は1名の見学と2名の体験者が参加。
デモ打ちをみて、その後指導付きで打ってみました。

初めての体験で思うように行きませんが新しい事への挑戦を楽しんで頂きました。

蕎麦の実のお菓子の試食

福島県から取り寄せた蕎麦の実のせんべい。じゅねん入りそば!?
何かとおもえば「えごま」の事を「じゅねん」と福島では呼ぶそうです。
黒いつぶつぶは「えごま」なのです。香ばしい醤油味でしたが、思ったより簡単にわれ、せんべいにするのが難しいかったのを感じさせる様子でした。

こちらが10割のそばのせんべい
こちらはえごま入り二八せんべい

同じくこちらも福島県から取り寄せた蕎麦の実ポン菓子
見た目はお米のものと変わりませんが食べてみると蕎麦の実。ほんのり甘く仕上げてあり美味しかったです。

こちらは「おこし」

こちらのおこしは千葉県でつくり、京都のお店で半浴びしているもの。
雷おこしと同じように水あめで仕上げてあり、普通のお菓子として食べられます。

どの商品も蕎麦の実を利用していますが、特に圧倒的な「蕎麦」の優位性を感じる物ではなく、蕎麦の実のお菓子としての可能性に挑戦した商品だったと思います。

出汁取り研修

今回は当団体理事朝倉氏のレシピを参考に研修。

左からかつお、そうだ、うるめ、さばの出汁

朝倉氏の出汁の取り方は沸騰したお湯に5分強火、その後15分中火ほどゆでるそうです。


魚のふしと出汁の色、香り、試飲も致しました。

こちらはカエシの調味料
セミナーの後は講師の打ったそばをこの出汁で試食。至福なひと時がもうそこまで
参加されたみなさんも笑顔いっぱい

朝倉家の出汁レシピを公開します。みなさんお試しください。

次回は11月27日(土)予定です。
詳細は当団体運営のライン「福井の蕎麦屋」のお友達登録からお届けいたします。

2021年10月16日(土)定例会 蕎麦を利用したお菓子の試食とそば打ち教室

今回のそば打ち教室は
手軽にできるそば打ち教室後、
当団体理事による出汁とりその2を見学と試食。
そしてそばを使ったおこし、ポン菓子、せんべいの試食が可能です。
色んな方の出汁を試食して自分のそばにあう出汁を見つけましょう。

開催場所:福井市成和2丁目308 共同製麺2階成和道場

タイムスケジュール:
15:30 そば打ち
16:30 出汁取り見学
(朝倉氏、当団体理事)
17:30 出汁を利用した手打ち蕎麦試食と蕎麦のお菓子試食
参加費:1500円(250g)
本格的なそば打ちを希望されるなら
500g 2000円
700g 2200円
1000g 2500円

持参物:エプロン、三角巾、持ち帰り用入れ物、室内用靴

注意点:つめを短く、綺麗に、マスク着用

試食のみ:1000円/人(そば打ちなし、手打ち蕎麦2杯まで、出汁取り見学)

facebookイベントページでの申し込みはコチラ